鴨川市のウォーターサーバー




東日本大震災のときに東電がおこした原発の事故のときには、東京の浄水場にてヨウ素などの放射性物質が混じってしまい、東京都は水道の水を赤ちゃんが飲まないよう発表しました。そうした影響で、ペットボトルのミネラルウォーターの購入に殺到する状態になってしまいましたが、その時に人気になったのがウォーターサーバーであり、各社に申込み希望者がわっと押し寄せました。以後、現在に至るまで放射能レベルチェックに合格した水が手に入るという事で、鴨川市でも信頼性を第一に考える方の多くに選択されています。

飲用水ということで水道の水を使うというような方は鴨川市でも段々少なくなりつつあって、ペットボトルの水をいつも準備してあるといった人が増加しています。水道の水の安全性に不信感を持つ人がたくさんいることが影響しているのですが、市販の水もフタを取ると同時に水質が落ち始めていってしまいますので、すぐに飲み終えるようにすることが必要です。ウォーターサーバーの水宅配ならば各々の会社で質を維持する機能を持っているので、安全に飲むことが可能です。


鴨川市の地域情報

医療法人鉄蕉会 亀田総合病院鴨川市東町92904-7092-2211
医療法人鉄蕉会 亀田クリニック鴨川市東町13440470-99-2211
医療法人社団 石渡医院鴨川市内浦414-304-7095-3011
医療法人 鉄蕉会 亀田リハビリテーション病院鴨川市東町975-20470-93-1400
真木クリニック鴨川市西江見1310470-96-0070
医療法人社団宏和会 エビハラ病院鴨川市太海630-1004-7093-2626

【おまけ】鴨川市のお役立ち情報

現在では放射性物質等が水道から出る水から検出されたといった情報も聞かれますが、水道水をつかっても危険ではないのかと懐疑的な人も多くなりつつあります。地中の水道管の耐久性なども不安視されています。前は水道の水を飲むための水として利用している方が大半でしたが最近ではボトルの水を使う人が鴨川市でも増えてきています。それに伴って、宅配水を利用する人も増えています。水質点検が厳しく行っていますので、特にお子様と暮らす一家に支持されています。

鴨川市の宅配水のポイント

乳児のミルクをつくる際にもウォーターサーバーはおすすめです。WHO(世界保健機関)でも、ミルクを調乳する場合には七十度を超える熱湯を使用して、流水などにより人肌まで下げて授乳する事が良いとされていますが、ウォーターサーバーというのは七十度超の湯がすぐに出ますので最適です。小さい子供を持つファミリー向けにチャイルドロックが付属しているタイプが一般的です。

ウォーターサーバーの宅配水を導入することで、スーパーで水を買い物して持ち帰らなくてもよくなります。さらに、市販の水というのはキャップを開けると同時に劣化が始まり、安全の観点から問題がありますが、ウォーターサーバーであれば心配せずに利用できます。各社とも割引き等のキャンペーンも実施しています。