新潟県のウォーターサーバー




今日では家庭ということで利用する人が新潟県でも増加していますが、事務所等でもウォーターサーバーはつかわれていてとりわけ水道が飲用水には不適切である場所には必需品になります。社員が仕事をしているときに飲むお茶等をいれる際に水道の水を使用するよりもラクですし、急な訪問客の場合でも、熱湯を出すことができますので、いつでもお茶を用意できます。医院などに設置されるケースも多々あって、安心して飲める水として一般的になっています。

東電が起こした原子力発電所事故後、放射能汚染に意識を向ける人が新潟県でも増えています。原発事故で東京の浄水場にて放射能が発見された時は市販のミネラルウォーターが手に入らなくなりましたし、ウォーターサーバーの宅配水のサービスの希望もわっと押し寄せました。昔は、当然であった水についての信頼が崩れて、とりわけ、子どものいる家庭は安心して飲ませられる水を望んで、放射能レベルのチェックに合格済の水が飲める水宅配のウォーターサーバーのサービスを契約する人が増加しています。


新潟県の地域情報

本間医院新発田市上今泉甲87ー10254-22-2873
さかい神経科クリニック新潟市中央区明石1丁目3番地11号渡辺ビル1F025-244-8176
寺尾整形外科クリニック新潟市西区寺尾東3丁目9番10号025-260-7272
なかじま医院三条市大字新堀1305番地10256-45-7777
吉田医院長岡市摂田屋1丁目4番42号0258-31-1010
コープケミカル株式会社 新潟工場診療所新潟市北区太郎代1448番地3025-255-2421

【おまけ】新潟県のお役立ち情報

店で売っているミネラルウォーターを飲み水にする人が新潟県でも増えつつあります。水道水の安心度が時と共に落ち続けていることがきっかけになっています。店で売っているミネラルウォーターを飲む時は早く飲むように神経をつかうことが大切です。中の水が外気にまざった段階より劣化していくため、フタを開いたらすぐに飲んでしまうようにするのが良いです。最近人気のウォーターサーバーは専用ボトルをつかいますから、中の水と空気が接触して水質が落ち始めないのが長所です。

新潟県の宅配水のポイント

子供のミルクを作る際にもウォーターサーバーは頼りになります。WHOのガイドラインでも、ミルクの調乳は七十度を超える熱湯を使って、流水などにより人肌の温度に下げてから飲ませる事がよいとされていますが、ウォーターサーバーというのは70度以上の熱湯が随時出せるので最適になります。小さな子どもがいるファミリーにうれしいチャイルドロックがついているタイプが通常になります。

ウォーターサーバーのスタイルには、コンパクトな卓上型と大きめの床置型という見た目の種類にくわえて、使い捨ての容器を利用したワンウェイ形式と回収するボトルを使用したリターナブル形式等があるのですが、デザインによって選択する人も大勢います。お部屋のインテリアに溶け込んだかっこいい見た目の物が新潟県でも人気になっています。