北海道のウォーターサーバー




水道の水は配管の劣化なども危惧されていて、ペットボトルのミネラルウォーターを日常に飲む水として使う方が北海道でも多数いますが、飲みかけを冷蔵庫に置いているというような方は気をつける必要があります。ペットボトルのミネラルウォーターはキャップを開けるとすぐに空気や雑菌に接触して水質が落ちていってしまいますので、冷蔵庫に保存してもその日のうちに飲み終えるくらいにすることが必要になります。フタを開けたすぐ後と時間が経過した水では飲み心地も違ってくるほど品質は悪くなっていきます。飲料水に良いのは質を維持する仕組みを搭載しているウォーターサーバーの水宅配です。

赤ちゃんのミルク用に便利という事でウォーターサーバーを利用する方が北海道でも多いです。WHO(世界保健機関)の目安では、ミルクを調乳する場合は70度を超える湯を使って、冷やして飲ませる事が勧められていますウォーターサーバーが出せる熱湯はそれぞれの会社とも七十度超になっていますし、ウォーターサーバーの水の質を保つ仕組みになっているので安全に使用できます。配置するスペースはどこでも良いので布団の横に配置すれば夜中でもすぐにミルクをつくることが可能です。


北海道の地域情報

山口小児科札幌市手稲区手稲本町2条4丁目2番22号011-685-1331
北海道立北見病院北見市高栄西町1丁目1番2号0157-24-6261
わたなべ内科医院旭川市豊岡12条6丁目5番10号0166-35-8118
帯広市夜間急病センター帯広市東7条南9丁目13番地0155-25-7518
長沼整形外科・リハビリテーション科夕張郡長沼町西町1丁目8番15号0123-82-1233
カケハシ小児科医院旭川市4条通15丁目556番地0166-26-3368

【おまけ】北海道のお役立ち情報

大災害になると北海道でもたくさんのものがなくなります。水も例に違わず、ペットボトルの水を大量に買い急ぐ人もたくさんいて、水が手に入らないというような状態も起こりがちです。その時に水宅配をつかっていれば、優先されて水を買うことができます。そして、防災対策ための備蓄水というのは何年かごとに取り替えしなくてはいけませんが、ウォーターサーバーは専用水ボトルが大量に入りますから、契約しているだけで防災準備ともなるため頼りになります。もしもの時の準備としてつかう方が北海道でも増えてきています

北海道の宅配水のポイント

ウォーターサーバーのサービスを利用する事で、店で水を購入して持ち帰る手間がなくなります。さらにはペットボトルの水というのはフタを開ける段階から水質が落ちていって、品質的に問題がありますが、ウォーターサーバーであれば心配せずに飲めます。各サービスともブレゼントなどといったキャンペーンもしています。

ウォーターサーバーの種類は、小型の卓上型と大きめの床置型といった外観の違いの他にも、捨てれる容器を使用したワンウェイタイプと回収する容器を使用したリターナブル方式等がありますが、外観によって選ぶ人も多数です。お部屋の内装に馴染むルックスのものが北海道でも支持されています。