ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーのメリットとしてまず挙げられるのは、新鮮で安全な水をいつでも使える、飲める、という点です。ウォーターサーバーで利用する水は、そのほとんどがミネラルウォーターです。水道水には飲用しても安全な水質基準を満たすために、水をきれいにする段階で含まれる薬剤によってカルキ臭がするなどの問題が少なくありません。ミネラルウォーターには、おいしさを損なう成分がほとんどなく、健康に良いとされる成分を豊富に含んでいるものが多いのです。
次に、ウォーターサーバーは「エコ」に繋がる点もメリットのひとつです。市販のペットボトル水を利用している家庭も多くなりました。しかし、家族が多ければ多いほど購入する水の量は増え、それに比例してペットボトルのごみが増えてしまいます。ウォーターサーバーの水は、定期的に専門業者が玄関まで宅配してくれるサービスを採用していることが多く、購入するための時間や労力も省くことができます。また、温水と冷水を切り替えられるタイプのウォーターサーバーでは、若干の電気代はかかりますが、お湯を沸かす電気ポットの電気代やガス代に比べると大変効率が良くコストパフォーマンスに優れているようです。常温のペットボトルを購入すると、冷たい飲み物が好まれる夏季には氷を別に作る必要がありますが、その手間もかかりません。
そして、ウォーターサーバーは防災設備としても注目されています。水道水は災害時に断水になるのが通常の仕組みです。これは水道管の破裂などによって起こる二次災害を防ぐためですが、一般家庭で水道というライフラインが完全に止まってしまうことは命の危険につながります。ウォーターサーバーがあれば、ある程度の期間水を確保することができるメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 防災の備蓄水として使う

    ここ数年で注目されているのが、ウォーターサーバーを「防災設備」とする考え方です。災害時には、水道管の破損などによる二次災害を防ぐために、断水が行われるのが一般的だからです。 ライフラインである水道が... 防災の備蓄水として使うの続きを読む>

  • 軟水

    日本で採水された水のほとんどが「軟水」と言われています。水の硬度とは、ミネラル分が一定量の水の中にどれだけ含まれているかを示すものです。硬度の基準は国によって違います。日本の場合は、カルシウムとマグ... 軟水の続きを読む>

  • 硬水

    ミネラル分の中でも、マグネシウムは体の未成熟な赤ちゃんや幼児にとって、体内で分解、吸収がしにくい物質であるために、習慣的に飲み続けると腹痛や下痢を引き起こす原因になる可能性があります。その一方で、マ... 硬水の続きを読む>