硬水

ミネラル分の中でも、マグネシウムは体の未成熟な赤ちゃんや幼児にとって、体内で分解、吸収がしにくい物質であるために、習慣的に飲み続けると腹痛や下痢を引き起こす原因になる可能性があります。その一方で、マグネシウムは便秘の緩和薬としても適用されている物質ですから、頑固な便秘に悩む女性やお年寄りにとっては、水分補給とともに便秘の症状を和らげることができるとあって人気が高まってきています。
ミネラル分を多く含む「硬水」は、調乳には向いていない水の種類と言えるでしょう。調理の際にはミネラル分が味に若干の渋みや苦みを与えてしまうほか、食品の成分と反応すると、硬化させてしまう場合がありますので注意しましょう。硬水を調理に使うメリットは、料理方法や材料によって煮崩れしにくくなる性質を活かせるところです。調理の過程の一部で適度な量の硬水を加えることで、料理が良い仕上がりになるということです。
日本で採水される水や水道水は、そのほとんどが軟水だそうです。これに対して外国で使われている水道水や生活用水はほとんどが硬水だそうです。天然水は、ゆっくりと時間をかけてミネラル分が水に浸透しろ過されてできたものです。したがって、地層の中や地下に滞留している時間が長いほど多くのミネラル分が水に溶けだし、「硬い水」を作り出しやすい環境であると言えます。日本は、豊富な水の量に対して国土が狭く、川の流れが速いために水が滞留する時間が短く、硬水が作られにくいと考えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 防災の備蓄水として使う

    ここ数年で注目されているのが、ウォーターサーバーを「防災設備」とする考え方です。災害時には、水道管の破損などによる二次災害を防ぐために、断水が行われるのが一般的だからです。 ライフラインである水道が... 防災の備蓄水として使うの続きを読む>

  • 軟水

    日本で採水された水のほとんどが「軟水」と言われています。水の硬度とは、ミネラル分が一定量の水の中にどれだけ含まれているかを示すものです。硬度の基準は国によって違います。日本の場合は、カルシウムとマグ... 軟水の続きを読む>

  • 硬水

    ミネラル分の中でも、マグネシウムは体の未成熟な赤ちゃんや幼児にとって、体内で分解、吸収がしにくい物質であるために、習慣的に飲み続けると腹痛や下痢を引き起こす原因になる可能性があります。その一方で、マ... 硬水の続きを読む>