浄水器との違い

家庭用のウォーターサーバー機器が普及してきたことによって、利用者が家庭用の浄水器と混同してしまった、という話を耳にするようになりました。「きれいな水が出てくる」といった点では、ウォーターサーバーも浄水器も同じ機能を持ちますが、実際は、目的や性能が全く違うものなのです。
はじめに、「美味しい水」「きれいな水」とは何なのでしょうか。一般的に家庭で使用、飲用されている水は、水道水です。水道水の中には、(水質基準は水道法で定められており、飲用に適した水質を保っています)水をきれいに供給する段階で、塩素が含まれているほか、水道管や家庭の水道設備で付着してしまう雑菌やカビを完全に取り除くことはできません。これ以外に、健康に影響しにくいものの、トリハロメタンなどの有害物質が含まれているケースもあります。これらが、「おいしい」「きれい」という水の要素を阻害してしまっている原因です。
浄水器は、この「美味しさを妨げている」物質を取り除き、水道水の安全性を高めることが目的です。注意したいのは、あくまでも、出てくる水は水道水であり、その中の雑菌やカビ、カルキ臭を軽減する役割を浄水器が持っているということです。浄水器によく似たタイプの「整水器」もあります。こちらも元が水道水ということに変わりありませんが、水道水の「硬さ」を変化させる機能を持っています。
これに対して、ウォーターサーバーの水は、水道水を使用しない天然水タイプのものが主流です。したがって、水のおいしさを妨げる要素がほとんどなく、また、体に良いとされる成分を含んだ水を常に摂取できるのが特徴なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 防災の備蓄水として使う

    ここ数年で注目されているのが、ウォーターサーバーを「防災設備」とする考え方です。災害時には、水道管の破損などによる二次災害を防ぐために、断水が行われるのが一般的だからです。 ライフラインである水道が... 防災の備蓄水として使うの続きを読む>

  • 軟水

    日本で採水された水のほとんどが「軟水」と言われています。水の硬度とは、ミネラル分が一定量の水の中にどれだけ含まれているかを示すものです。硬度の基準は国によって違います。日本の場合は、カルシウムとマグ... 軟水の続きを読む>

  • 硬水

    ミネラル分の中でも、マグネシウムは体の未成熟な赤ちゃんや幼児にとって、体内で分解、吸収がしにくい物質であるために、習慣的に飲み続けると腹痛や下痢を引き起こす原因になる可能性があります。その一方で、マ... 硬水の続きを読む>