ウォーターサーバーのデメリット

美味しい水がいつでも利用できるウォーターサーバーですが、デメリットもいくつかあります。ウォーターサーバー利用者の多くが直面する問題として、「設置場所の確保」があります。
家庭用ウォーターサーバーとして、コンパクトで機能性の高いウォーターサーバーが続々と登場しています。しかし、水そのものを常に機器にセットしておかなければいけない性質上、ウォーターサーバー機器を設置する場所をきちんと確保することが利用の第一条件と言えるでしょう。都市部では、水道水とミネラルウォーターを暮らしの場面ごとに使い分けたいという声の多い反面、厳しい住宅事情の中でウォーターサーバーを設置するスペースがないといった問題点があります。
また、ウォーターサーバーのデザインが好みのインテリアに沿っていない場合、長く使う中で違和感や不快感を覚えてしまうこともあるでしょう。最近では、さまざまなデザインのウォーターサーバーが開発されています。機能性だけでなく、インテリア性も重視されている傾向です。
ウォーターサーバーには、メンテナンスが必要というデメリットもあります。年に一回から二回程度のメンテナンスですが、専門業者の訪問を受けなければいけません。雑菌やカビなどが機器内部に繁殖してしまうのを防いでいます。口に入るものである限り、メンテナンスは必要です。
現在、ウォーターサーバーの主流は、電気を使う機器です。電気代、レンタル料など、ランニングコストを比較して、より自分に合ったものを選ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 防災の備蓄水として使う

    ここ数年で注目されているのが、ウォーターサーバーを「防災設備」とする考え方です。災害時には、水道管の破損などによる二次災害を防ぐために、断水が行われるのが一般的だからです。 ライフラインである水道が... 防災の備蓄水として使うの続きを読む>

  • 軟水

    日本で採水された水のほとんどが「軟水」と言われています。水の硬度とは、ミネラル分が一定量の水の中にどれだけ含まれているかを示すものです。硬度の基準は国によって違います。日本の場合は、カルシウムとマグ... 軟水の続きを読む>

  • 硬水

    ミネラル分の中でも、マグネシウムは体の未成熟な赤ちゃんや幼児にとって、体内で分解、吸収がしにくい物質であるために、習慣的に飲み続けると腹痛や下痢を引き起こす原因になる可能性があります。その一方で、マ... 硬水の続きを読む>